SubsclifeではFDB Mobler(モブラー)家具をサブスクできる!

FDB Mobler(モブラー)はデンマークの家具ブランドです。

主に曲線美のあるスタイリッシュな椅子やソファを扱っています。

北欧特有の居心地を良くさせる家具が欲しい方にはピッタリの家具メーカーです。

 

そんなFDB Moblerをレンタルできるサブスクリプションサービスがあります。

その名もSubsclife(サブスクライフ)です。

 

サブスクライフでは契約期間に合わせた月額利用料金を支払うことで、希望小売価格より安く家具をレンタルすることができます。

有名家具を試してみたいという方におすすめのサブスクリプションサービスです。

ではサブスクライフでレンタルすることができるFDB Mobler(モブラー)のチェアについて紹介していきます。

 

SubsclifeでサブスクできるFDB Mobler【チェア①】

『FDB Mobler J46』の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらは『FDB Mobler J46』というチェアです。

FDB Moblerが販売するチェアの中でもトップクラスの人気があります。

その証拠に1956年にデザインされた『FDB Mobler J46』はデンマーク人の5人に1人が使用していたほどです。

『FDB Mobler J46』の特徴

・シンプルながらもスタイリッシュさがある

・カラーバリエーションが5色ある

・24カ月レンタルで月々1520円

『FDB Mobler J46』の特徴①シンプルな見た目がスタイリッシュ

『FDB Mobler J46』はデンマーク人に大人気ですが、その秘訣はシンプルさにあります。

余計なものが一切付いておらず、椅子本来の良さがそのまま表現されたチェアです。

非常にシンプルな設計になっているためどこの空間に設置しても馴染んでくれるでしょう。

 

ただシンプルさの中にも北欧特有のデザイン性の高さも見られます。

背もたれ部は内側にゆったりとカーブしているため、背もたれに体を預けた時にしっかりと支えてくれます。

 

『FDB Mobler J46』の特徴②カラーバリエーションが豊富

さらにカラーバリエーションが白・黒・緑・赤・グレーの5色あります。

白やグレーで部屋のインテリアに馴染ませたり、あえて派手な赤色を選んでインテリアのワンポイントにしたりとその人次第です。

 

『FDB Mobler J46』の料金は月々1,520円

シンプルでありながら北欧の要素を取り入れた『FDB Mobler J46』をサブスクライフでレンタルした時の月額利用料金はこちらです。

契約期間月額料金
3カ月9980円
12カ月2500円
24カ月1520円

※商品小売価格は37400円
※契約期間は1カ月単位で選べる

シンプルで丈夫なチェアを探しているという方に『FDB Mobler J46』はおすすめです。

Subsclife公式サイトはこちらから

SubsclifeでサブスクできるFDB Mobler【チェア②】

『FDB Mobler J67』の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらは『FDB Mobler J67』という名前のチェアです。

『FDB Mobler J67』の特徴

・座り心地がバッチリ

・24カ月レンタルで月々1920円

『FDB Mobler J67』の特徴①快適な座り心地

先ほど紹介した『FDB Mobler J46』同様比較的シンプルな設計になっていますが、『FDB Mobler J67』の方が背もたれ部がよりしっかりとしています。

背もたれに体を預けた時にしっかりと体を支えてくれるので座り心地が良いです。

 

さらに『FDB Mobler J67』は座り心地が良くなるように座面が少し背もたれ側に傾いています。

そのためチェアに座ると包み込まれたかのような気持ちがするでしょう。

チェアに座り心地を求めている方にもおすすめです。

 

『FDB Mobler J67』はカラーバリエーションが黒とオークの2色あります。

北欧インテリアを求めるならオーク、インテリアにカッコよさを求めるなら黒を選ぶと良いでしょう。

 

『FDB Mobler J67』の料金は月々1,920円

そんな『FDB Mobler J67』をサブスクライフでは以下の月額料金でレンタルすることができます。

契約期間月額料金
3カ月12620円
12カ月3160円
24カ月1920円

※商品小売価格は47300円
※契約期間は1カ月単位で選べる

シンプルさの中にスタイリッシュ性が潜んでいる『FDB Mobler J67』を部屋に置くと、部屋のインテリアをランクアップさせることができるでしょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

SubsclifeでサブスクできるFDB Mobler【チェア③】

『FDB Mobler J82』の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらは『FDB Mobler J82』というチェアです。

『FDB Mobler J82』の特徴

・座り心地を追及している

・北欧家具特有のデザインがある

・24カ月レンタルで月々5740円

『FDB Mobler J82』の特徴①つい座りたくなるような心地よさ

紹介してきた2点とは異なり座面79㎝が広くなっているためより座り心地を追求しています。

『FDB Mobler J82』は座面が背もたれ側にちょっと傾いたいるため座りやすいです。

ここまでは先ほどの『FDB Mobler J67』と同じですが、『FDB Mobler J82』はひじ掛けが付いています。

ひじ掛けに肘をかけると疲労が取れリラックスすることができるため、疲れにくいチェアを探している方におすすめです。

 

『FDB Mobler J82』はたいへん座り心地が良いため、コペンハーゲンにある世界一予約が取れないと言われるレストランで使用されています。

 

『FDB Mobler J82』の特徴②北欧家具特有の高いデザイン性

さらに『FDB Mobler J82』は背もたれやひじ掛けに北欧特有のスタイリッシュな曲線美があります。

インテリアとしても優秀なので部屋を北欧テイストにしたい方にもおすすめです。

 

『FDB Mobler J82』の料金は月々5,740円

そして『FDB Mobler J82』をサブスクライフで借りる場合は以下の月額利用料金になります。

契約期間月額料金
3カ月37840円
12カ月9460円
24カ月5740円

※商品小売価格は141900円
※契約期間は1カ月単位で選べる

休日に座り心地の良い『FDB Mobler J82』に腰かけて、優雅な気分に浸りながら日々の疲れを取るのも良いでしょう。

 

SubsclifeでサブスクできるFDB Mobler【テーブル①】

『FDB Mobler J83』の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらは『FDB Mobler J83』という名前のテーブルです。

先ほど紹介した『FDB Mobler J82』との相性が良いため同時に利用するのも良いでしょう。

例えば休日にはチェアに座って本や新聞を読みながら、テーブルに置いたコーヒーを飲むといった優雅な生活を送ることもできます。

『FDB Mobler J83』の特徴

・オットマンやスツールとしても使える

・24カ月レンタルで月々2850円

『FDB Mobler J83』の特徴①使用用途が多い

優雅な生活を手助けしてくれる『FDB Mobler J82』ですがテーブル以外の用途もあります。

まずはオットマンとしての『FDB Mobler J82』です。

『FDB Mobler J82』の座面はペーパーコードという北欧で生まれた技術が使われています。

ペーパーコードには汚れにくい・蒸れにくい・頑丈といった特徴があるため、オットマンとして使っても優秀です。

 

ペーパーコードにはこのような特徴があるのでスツールとしても使えます。

スツールはちょっと一息つきたい時に便利です。

また座り心地が良い『FDB Mobler J82』は4㎏と軽くなっているので、移動式の椅子が欲しい方にも良いでしょう。

このように『FDB Mobler J82』は複数の使い方ができるので、使用者次第で顔を変える特殊なテーブルとなっています。

 

『FDB Mobler J83』の料金は月々2,850円

使い勝手の良い『FDB Mobler J82』はサブスクライフで以下の月額利用料金でレンタルすることができます。

契約期間月額料金
3カ月18780円
12カ月4700円
24カ月2850円

※商品小売価格は70400円
※契約期間は1カ月単位で選べる

『FDB Mobler J82』は使い勝手が良いため、柔軟性の高い北欧家具が欲しいという方にピッタリです。

Subsclife公式サイトはこちらから

SubsclifeでサブスクできるFDB Mobler【テーブル②】

『FDB Mobler D20 Coffee Table』の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらは『FDB Mobler D20 Coffee Table』という商品です。

幅1200×奥行550×高さ550 mmと幅広のテーブルとなっています。

リビングで食事をする際に利用したり、ベッドサイドでコーヒーテーブルとして使えるなど使用用途の多いテーブルです。

 

コーヒーテーブルとは文字通り紅茶やコーヒーを飲んだりするためのテーブルで、一般的にソファに座りながら使用します。

ソファで読書や仕事などをしながらコーヒーを飲みたいという方には良いでしょう。

『FDB Mobler D20 Coffee Table』の特徴

・テーブルの下にちょっとした収納スペースがある

・可愛らしい見た目をしている

・24カ月レンタルで月々3290円

 

『FDB Mobler D20 Coffee Table』の特徴①収納スペースがある

さらに『FDB Mobler D20 』は天板の下にちょっとした棚があります。

散らかりがちなティッシュの箱や電化製品のリモコンを置いたり、読書やデスクワークをする時には書類関係を置けるなど非常に便利です。

天板下の棚を上手に生かせば部屋を片付けることもできるでしょう。

 

『FDB Mobler D20 Coffee Table』の特徴②可愛らしい見た目

実用性が高い『FDB Mobler D20 』は天板の四方が丸くなっていて可愛らしい見た目です。

そのため『FDB Mobler D20 』を部屋に置くとインテリアにキュートな印象を与えることができるでしょう。

また角が丸くなっているので小さいお子様がいるという方も安心です。

 

『FDB Mobler D20 Coffee Table』の料金は月々3,290円

デザイン性も優れた『FDB Mobler D20 』をサブスクライフで借りるとこのような月額料金になります。

契約期間月額料金
3カ月21710円
12カ月5430円
24カ月3290円

※商品小売価格は81400円
※契約期間は1カ月単位で選べる

『FDB Mobler D20 』はインテリアを引き上げたい、使い勝手が良いおしゃれなテーブルが欲しいという方におすすめです。

 

SubsclifeでFDB Moblerをサブスクする方法

サブスクライフでは以下の手順でFDB Mobler(モブラー)の家具をレンタルすることができます。

サブスクライフを利用する手順

1.サブスクライフ公式サイト左上にある「BRAND」からFDB Moblerを選ぶ

2.気になる家具を選んでレンタル期間を決める

3.申し込み手続きに進み無料会員登録やクレジットカード情報などを入力する

4.最終チェックをすると注文完了

このように非常にシンプルな手順でFDB Moblerの家具を借りることができます。

FDB Moblerの場合は注文から届くまで約2カ月程度必要です。

注文後すぐに利用できるわけではないので余裕を持って頼むようにしましょう。

 

またサブスクライフでは月額利用料金以外に配送料も必要です。

配送料は商品1点1点当たりに付き、それぞれ料金が異なります。

このように料金がかかるように見えますが、それでも商品を購入するのに比べると同程度以下の料金です。

 

サブスクライフはどんな人におすすめ?

サブスクライフは家具選びに失敗したくない、ブランド家具を試してみたいという方におすすめのサービスです。

特にブランド家具の場合は高価なものが多いため、失敗しても処分するのはもったいなくて使わざるを得ません。

そうするとインテリアに妥協することになり、家具を買い替えるまで不満を抱くことになるでしょう。

 

しかしブスクライフだと部屋に合わなくても処分する必要がありません。

そのため自分が求めるインテリアを追求することができるでしょう。

このようにサブスクライフは高級家具を購入する前にお試しできるサービスとなっています。

 

お試しした結果気に入ったなら、サブスクライフではその家具を購入することもできるので、金銭面を考慮すると買ってしまった方が得です。

サブスクライフは満足のいくインテリアづくりをすることができるため、おしゃれ好きな人にはありがたいサービスでしょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

SubsclifeではFDB Moblerを月々数千円でサブスクできる

FDB Mobler(モブラー)は北欧家具メーカーとして有名なブランド家具です。

北欧家具にはスタイリッシュな曲線美を持ったデザイン性、居心地が良くなるようなリラックス効果という特徴があります。

そのため部屋のインテリアレベルを上げながら、家具としての実用性を求める方に北欧家具はおすすめです。

 

そんな北欧家具を開発するFDB Moblerの家具をサブスクライフでレンタルすることができます。

初期費用を抑えることができるサブスク契約をして、FDB Moblerの家具を使った安らぎの空間を作るのも良いでしょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

コメント