サブスクライフでチェアやデスクを借りて快適なテレワークライフを送ろう!

自宅でテレワークをする男性Subsclife(サブスクライフ)は月額制で家具を借りることができるサブスクリプションサービスの一つです。

家具を借りるだけなのでこちらで処分する必要が無い点に人気があります。

そんなSubsclifeではテレワークに適したチェアやデスクも借りることができます。

2020年に起きたコロナウイルスの影響でテレワークが増えた方も多いでしょう。

自宅で仕事をするため、仕事用のチェアやデスクがなくて働きづらいと感じている人も多いはずです。

 

そこでSubsclifeで取り扱っているテレワークライフを快適にするチェアやデスクなどを紹介していきます。

テレワークをするにあたって家具に不満を感じている人は参考にしてください。

 

サブスクライフにあるテレワークに適した2種類のチェア

テレワークはチェアに座って長時間するという方も多いでしょう。

しかし長時間チェアに座っていると姿勢が悪くなって体を傷めることもあります。

そのためテレワーク用のチェアを探すなら、座りやすさや姿勢を制御してくれる機能があると便利です。

そうすれば、日々のテレワークが快適になるので作業も順調に進めることができます。

ではサブスクライフのテレワークに適したチェアを2点紹介します。

 

テレワークにおすすめのチェア①『SEKI LUMBAR MESH 肘付』

SEKI LUMBAR MESH 肘付の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらのチェアは脚にキャスターが付いている、よくあるタイプのオフィスチェアです。

普段仕事でこのタイプのオフィスチェアを使用しているなら馴染みやすく感じるでしょう。

その結果、自宅でテレワークをしていても仕事モードに入りやすいです。

 

さらにこちらのオフィスチェアは座面とは背面がメッシュ素材でできています。

メッシュ素材は布と違って通気性が良いため熱がこもりにくいです。

そのため長時間テレワークをしていても比較的お尻や背中に汗をかきづらく、夏場でも快適に仕事をすることができるでしょう。

 

そして『SEKI LUMBAR MESH』にはランバーサポートが付いています。

ランバーサポートとは理想的な姿勢になるようにサポートしてくれる機能のことです。

長時間テレワークをしていると腰が曲がってきて姿勢が悪くなり、腰を痛める可能性があります。

 

しかしランバーサポートが付いていると腰の負担が少ない快適な姿勢へと導いてくれるので、腰の負担を抑えることが可能です。

特に長時間テレワークをするという人は、ランバーサポートがあるオフィスチェアを選びましょう。

 

このように快適なテレワークをサポートしてくれる『SEKI LUMBAR MESH』は、3カ月間なら月額5280円でレンタルすることができます。

もし長期的にテレワークする予定があるという方は12カ月なら月額1320円、24カ月ならたったの月額800円です。(契約期間は1カ月単位で選べる)

『SEKI LUMBAR MESH』をレンタルして、より快適なテレワークライフを送るのも良いでしょう。

 

テレワークにおすすめのチェア②『ERGOHUMAN PRO』

ERGOHUMAN PROの画像

出典:https://subsclife.com/

こちらのチェアにも先ほど紹介したオフィスチェア同様、座面と背面がメッシュ素材でできていて、ランバーサポートも付いています。

ただ『ERGOHUMAN PRO』にはそれ以外に2つの機能が備わっているので、より快適にテレワークをすることができるでしょう。

 

まず前傾チルトという機能です。

テレワークでパソコンを操作しているとどうしても前かがみになってしまいます。

そのまま作業していると腰だけでなく、太ももや腹部が圧迫されて体に大きな負荷がかかるでしょう。

これを防ぐのが前傾チルトという機能で座面の前方を下げることで太ももや腹部の圧迫を抑えることが可能です。

前傾チルトとランバーサポートとが合わさってより快適にテレワークをすることができるます。

 

そして2つ目の機能が椅子の調整機能です。

『ERGOHUMAN PRO』には、座面昇降・リクライニング・座面スライドを1つのレバーで操作できます。

他にも高さ・幅・角度・奥行きを自由に変更することが可能です。

 

このように『ERGOHUMAN PRO』は自分好みの姿勢でテレワークをすることができるので仕事も捗るでしょう。

 

そんな『ERGOHUMAN PRO』は見た目にもこだわっていて、チェアを支える脚にアルミポリッシュが使われています。

そのためピカリと高級感を放ち、部屋のインテリアをワンランクアップさせることも可能です。

さらにカラーバリエーションも7色あって、メッシュ部分の色を変えることができます。

 

このように機能にもインテリアにもこだわっている『ERGOHUMAN PRO 』は3か月のレンタルで月額37320円です。

仮に長期間利用する場合は月額12カ月で9330円、24カ月で月額5660円となっています。(契約期間は1カ月単位で選べる)

 

先ほど紹介した『SEKI LUMBAR MESH』と違って値段が高いですが、より快適なテレワーク・部屋のインテリアをワンランクアップさせたい方にはおすすめです。

Subsclife公式サイトはこちらから

サブスクライフにあるテレワークに適したデスク

テレワークをチェアに座ってする場合はデスクも必要になります。

デスクを選ぶ際には高さやデスクの広さがポイントです。

高さは一般的に65~70㎝程度が理想と言われています。

 

そしてデスクの広さに関しては人によるため何とも言えませんが、想定より大きめの方が作業はしやすいです。

大きめのデスクを購入すると使わなくなった時の収納が大変ですが、サブスクライフの場合は不要になっても返すだけなので、部屋の収納を圧迫することもありませんよ。

ではサブスクライフで取り扱っているおすすめのテレワーク用のデスクを紹介します。

 

テレワークにおすすめのデスク①Snow Peak『ワンアクションテーブル』

Snow Peak ワンアクションテーブルロング竹の画像

出典:https://subsclife.com/

Snow Peakというのはブランド名で、アウトドアの総合メーカーとして有名です。

キャンプなどをしたいという方にはおすすめのブランドとなっています。

 

アウトドア用品を扱っているということで、こちらのデスクは天板が竹でできています。

会社に置いているシンプルなデスクと違ってスタイリッシュな雰囲気を放っているので、おしゃれな気分を味わいながらテレワークをしたいという方にピッタリです。

 

そして『ワンアクションテーブル』のサイズは幅1215×奥行720×高さ660㎜となっています。

デスクの広さも申し分なく、高さもちょうど良いのでテレワークをしやすいでしょう。

 

テレワークにピッタリの『ワンアクションテーブル』は3か月のレンタルで月額12210円、12カ月で月額3050円、24カ月で月額1660円です。(契約期間は1カ月単位で選べる)

 

テレワークは自宅でするため息が詰まりがちですが、この竹が使われたデスクを使っているとアウトドアの雰囲気を味わいながら作業することができるでしょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

テレワーク中にあると便利なサブスクライフの2種類の家電

テレワークをするにあたって最低限チェアとデスクがあれば快適に作業をすることができるでしょう。

ただサブスクライフにはこういった家電もあります。

サブスクライフのおすすめ商品
  • フィールドファン
  • 全自動コーヒーメーカー
  • 空気清浄機
  • 加湿器

このように、サブスクライフではテレワークの時以外に使うことができる商品も扱っているのです。

気になる商品があるならお試しで借りてみるのも良いですね。

では、今回はフィールドファンと全自動コーヒーメーカーについて紹介していきます。

 

テレワークを快適にする家電①Snow Peakの『フィールドファン』

Snow Peak フィールドファン(MKT-102)の画像

出典:https://subsclife.com/

こちらは扇風機になるのでクーラーは必要ないけど、ちょっと涼しい風が欲しい春先や秋口にピッタリです。

Snow Peakのフィールドファン(MKT-102)は185×272×284㎜とコンパクトなサイズになっています。

そのため広いデスクなら上に置いても邪魔にならないでしょう。

 

またSnow Peakのフィールドファン(MKT-102)はAC電源とバッテリーどちらにも対応しています。

そのためコンセント以外の場所でも利用可能です。

さらに重量もバッテリーを除いて1.3㎏しかありません。

 

そのためトイレに小型の扇風機が欲しい場合や、キャンプ先に扇風機が欲しい場合など幅広く利用することができます。

その他にも家族で暮らしている場合に、自分と家族では温度感覚が合わないという時でも役に立つでしょう。

 

このようにテレワーク以外にどこにでも役立つSnow Peakの『フィールドファン(MKT-102)』は3か月のレンタルで月額3270円です。

12カ月なら月額820円、24カ月なら月額440円となっています。(契約期間は1カ月単位で選べる)

 

24カ月利用するなら毎月ワンコイン以下ですが、冬場には使わないだろうと思いませんか?

でもエアコンを使って暖房を利かせている中で冬場にファンを動かすと、温風を循環させることができます。

すると室内温度が上昇するので効率的に室内を温かくすることができるでしょう。

このようにファンは1年中利用することができるので年間契約して、お得に利用するのも良いですね。

 

テレワークを快適にする家電②TWINBIRDの『全自動コーヒーメーカー』

TWINBIRD 全自動コーヒーメーカー CM-D457の画像

出典:https://subsclife.com/

コーヒーメーカーはテレワークをするにあたって必要ではありませんが、集中して作業するには便利です。

というのも、自宅でテレワークをしていると集中が続かずどうしても眠くなってしまいます。

その結果、だらだらと仕事をしてしまって、仕事時間が無駄に長くなってしまうのです。

 

そんな眠くて作業に集中できないという時にコーヒーは役に立ちます。

コーヒーには眠気を吹き飛ばすカフェインが含まれているので、眠くなった段階で一杯コーヒーを飲むのがおすすめです。

そうすればテレワークもスムーズに進んで、作業の短縮にもつながるでしょう。

そんなコーヒーを作ることができる機械をサブスクライフでは取り扱っています。

TWINBIRDの全自動コーヒーメーカーは自分好みのコーヒーを作ることが可能です。

 

コーヒーと言っても人によって好みは異なります。

コーヒー豆の挽き具合や温度などで味が変わってくるため、通常自分が好きなコーヒーに出会うには時間がかかるでしょう。

 

しかしTWINBIRDの全自動コーヒーメーカーでは、ボタン一つでコーヒー豆の挽き具合と温度の調整、蒸らし湯量の調整することができます。

ボタンを押すと自動でコーヒーを作ってくれるので誰にでも、自分好みのコーヒーと出会うことが可能です。

また豆を挽いている音やコーヒーが滴る音を聞くこともできるので、コーヒーをただ味わうのではなく、五感でコーヒーを味わうことができます。

 

そんなテレワークライフを贅沢なものにしてくれるTWINBIRDの全自動コーヒーメーカーは3カ月のレンタルで月額12450円です。

12カ月なら月額3120円、24カ月なら月額1560円となります。(契約期間は1カ月単位で選べる)

 

コーヒーメーカーはテレワークの時だけでなく、朝の一杯や昼食後の眠気覚ましのための一杯などたくさんの場面で使えます。

サブスクライフでコーヒーメーカーをレンタルして、日常にちょっとした贅沢を加えてリッチな気分に浸るのも良いでしょう

Subsclife公式サイトはこちらから

サブスクライフならテレワーク家具を一式そろえられる

Subsclife(サブスクライフ)にはテレワークを快適にするチェアやデスクも扱っています。

そのためテレワークをする機会が多いという方は家具をレンタルして、テレワークライフを快適にするのも良いでしょう。

またサブスクライフには家具以外に家電なども扱っています。

家電が欲しいけど実際どうなんだろうという時にサブスクライフを利用すると、一度試すことができるので家具や家電選びに失敗することがありません。

 

そんなSubsclifeで家具や家電を借りるには、無料会員登録を済ませて公式サイトから家具と利用期間を選ぶだけです。

ちなみに、Subsclifeは全国どこにでも対応しているので安心してください。

Subsclifeを利用して日常生活や部屋のインテリアをグレードアップさせるのも良いでしょう

Subsclife公式サイトはこちらから

コメント