【働き方改革】サブスクライフでオフィスの内装を変えよう!

スタイリッシュなオフィスの画像働き方改革といえば、残業・労働時間の短縮やテレワークなど多岐に渡りますが、オフィスの内装変更というのもあります。

しかし残業時間の短縮などが働き方改革に当たるのは分かりますが、フィスの内装を変えただけでそこまで会社は良くなるのでしょうか?

そこでオフィスの内装を変えることによる働き方改革のメリットについて紹介していきます。

またオフィスの内装をおしゃれにコーディネートしてもらえるサブスクライフついても解説するので参考にしてください。

 

オフィスの内装を変えて働き方改革すると業務が効率的になる

オフィスの内装を変えて何が変わるのか疑問に思う女性オフィス内装を従業員が働きやすいように改善すると業務が効率的に進みます。

業務が効率的に進むと労働・残業時間の短縮につながるため、大きな働き方改革と言えるでしょう。

 

ただこの時に従業員が働きやすいようにオフィスの内装を変更する必要があります。

例えばインテリア性を重視して家具などの備品を大量に置いてしまうと、オフィス全体が利用しづらくなり働き方改革が失敗です。

 

そのため従業員が動きやすいようにオフィスの内装の動線を意識する必要があります。

例えば業務がスムーズに進むように仕事の流れを汲んで内装を決めていくと良いでしょう。

そうすれば従業員の無駄な移動が少なくなり、働き方改革に成功します。

このようにオフィスの内装を改善すると、労働時間を短縮することにもつながるため、働き方改革につながるのです。

 

オフィスにある休憩室の内装を変えるのもおすすめ!

またオフィスの休憩スペースの内装を改善するというのも効果があります。

くつろぎやすい休憩スペースを作っておくと、体をリラックスさせることができて、仕事の効率も上がるでしょう。

くつろぎやすくするために座り心地の良いソファや観葉植物を置くのがおすすめです。

特にデスクワークをしている方は目が疲れるため、視覚疲労を和らげ休憩スペースのインテリアも上がる観葉植物は最適です。

 

さらに休憩スペースに余裕があるならトレーニング器具を置くのも良いでしょう。

仕事をしていると体が凝り固まってしまうため血行が悪くなり、健康的に仕事ができなくなるので仕事の効率が落ちます。

 

しかし休憩時間に軽く体を動かすだけで血行が良くなるため、スッキリして休憩後も快適に作業をすることができるでしょう。

このように休憩スペースの内装を改善するとより働き方改革として効果的です。

 

ということで、オフィスの内装を仕事がしやすいように改善すると生産性が向上し、労働時間が減るため働き方改革に繋がります。

現在のオフィスに働きづらさを感じている場合は、思い切って内装を変えてみるのも良いでしょう。

 

でもオフィスの内装を自分一人で変えるのは難しいですよね。

やってみたは良いけど失敗して費用だけを無駄に使ってしまったということもあり得ます。

このように自分でオフィス内装を変更することに不安を感じている方はサブスクライフの利用がおすすめです。

Subsclife公式サイトはこちらから

サブスクライフで働き方改革する3つのメリット

働き方改革に成功してピースする男性サブスクライフとは月額利用料金を支払うことで家具や家電をレンタルできる新たなサブスクサービスです。

そんなサブスクライフでオフィスの内装を変えるメリットは3つあります。

サブスクライフでオフィス内装を改善するメリット

・初期費用を抑えることができる

・おしゃれな内装にすることができる

・インテリアをコーディネートしてもらえる

企業がサブスクライフを利用するメリット①初期費用の抑制

レンタルは購入と違って初期費用を抑えることができるという特徴があります。

サブスクライフでは3~24カ月の間で家具や家電をレンタルすることができ、契約期間が長いほど月々の料金は安くなるというシステムです。

例えば10万円のオフィス家具を24カ月レンタルすると4000円程度でレンタルすることができます。

購入した場合は初期費用が10万円必要ですが、サブスクライフなら4000円です。

このようにサブスクライフを利用するとオフィスの働き方改革を安く済ませることもできます。

 

企業がサブスクライフを利用するメリット②おしゃれなオフィスになる

サブスクライフでは主にスタイリッシュな形をした家具や家電を取り扱っています。

例えばこのようなオフィスチェアをレンタル可能です。

ERGOHUMAN PRO

出典:https://subsclife.com/

こちらのオフィスチェアは『ERGOHUMAN PRO』という商品で、購入すると139920円必要です。

しかしサブスクライフで24カ月契約すると月々5660円でレンタルできます。

こういった具合に初期費用を激減させることができるのです。

 

そして『ERGOHUMAN PRO』は作業がしやすい座り心地とオフィスのインテリアを上げるデザイン性の高さがあります。

 

『ERGOHUMAN PRO』にはランバーサポートや前傾チルトという機能が付いているため長時間座っていても疲れにくいです。

さらに座面と背もたれがメッシュでできているため、通気性が良く夏場でも快適に作業をすることができます。

このように座りやすさを優先しているため、デスクワークがメインの仕事現場にはぴったりでしょう。

 

また『ERGOHUMAN PRO』はチェアを支える脚にアルミポリッシュフレームが使われています。

そのため常に高級感のある光沢を放ち、デザイン性を上げてくれているのです。

こういった具合にサブスクライフではデザイン性が高く、作業を快適にすることができるオフィス家具をたくさん扱っています。

オフィスの内装を働きやすくかつ、インテリアをワンランクアップさせたい方にはぴったりでしょう。

 

ちなみにサブスクライフにはブランド家具や家電もあります。

ブランド物は置くだけでオフィスのインテリアをグレードアップさせるほどのスタイリッシュさがあります。

そのためよりオフィスの内装にインテリア性を求めるならブランド家具や家電を取り入れるのも良いですね。

 

企業がサブスクライフを利用するメリット③コーディネートを頼める

サブスクライフでは見積もりを出すとインテリアのコーディネートを頼むことができます。

オフィスの内装を変えるといってもやはり難しいです。

何から変えたら良いか分からない、失敗したらどうしようといった不安があるでしょう。

 

でもサブスクライフに頼むと専任のコーディネーターに提案してもらうことができます。

働きやすさとデザイン性を提案してくれるため、より理想的なオフィスづくりをすることができて、働き方改革に成功するでしょう。

 

サブスクライフに内装コーディネートを依頼した実例

例えばこちらは公式サイトで紹介されている、「株式会社RECEPTIONIST」がサブスクライフを導入した事例です。

株式会社RECEPTIONISTがサブスクライフを導入した事例

出典:https://subsclife.com/

こんなおしゃれなオフィスに勤めていると他の人に自慢したくなりませんか?

サブスクライフを利用すれば、初期費用を抑えてこのようにオフィスの内装をくつろぎの空間にすることもできます。

 

しかもコーディネートを提案してもらってその後サブスクライフの家具を利用するなら料金は無料です。

そのためコーディネートを依頼する費用も抑えることができるので、とにかくコストを削減してオフィスの内装をおしゃれに変えることができます。

ただコーディネートを提案してもらうだけなら有料になるので注意が必要です。

 

ということで、サブスクライフでオフィスの内装を改善すると、初期費用を抑えておしゃれな空間にすることができるというメリットがあります。

 

サブスクライフにインテリアコーディネートを頼む方

サブスクライフの利用方法を紹介する男性サブスクライフでインテリアをコーディネートを依頼するには見積もり依頼を出す必要があります。

サブスクライフに見積もり依頼を出す手順

1.サブスクライフ公式サイトの右上にある「法人のお客様はこちら」を押す

2.ページ下部にある「家具導入に関するご相談」を押す

3.見積もりを入力する

4.2~5営業日に連絡が来るので条件をすり合わせる

見積もり依頼に関してはこのようなものがあります。

・会社に関する情報(会社名、ホームページのURL)

・自分の情報(名前、電話番号、メールアドレス)

・レンタルの条件(利用人数、契約期間、予算、納品希望日)

・その他の情報

これらについては入力必須です。

もしそこまで細かく決まっていないという場合は、おおよその数値で良いので入力しておきましょう。

そして返信が来てから細かい事情について話を進めていくと良いです。

Subsclife公式サイトはこちらから

サブスクライフで働き方改革すると業務が効率的になる!

オフィスの内装を上手に改善すると働きやすさも改善します。

そのため働き方改革の一環としてオフィスの内装を変更するのも良いでしょう。

ただオフィスの内装を変える時は働きやすさを優先しておかないと、働きづらくなって逆効果になります。

でも働きやすさを優先しながらオフィスをおしゃれにするのはセンスと知識が必要なので難しいです。

 

そんな方はサブスクライフに見積もり依頼を出すとプロのコーディネーターに内装の提案をしてもらえます。

サブスクライフに見積もり依頼を出して、人に自慢したくなるようなオフィスを手に入れるのも良いでしょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

コメント