COTODAMAのlyric speaker(リリックスピーカー)をサブスク!

COTODAMAの『Lyric Speaker Canvas』の画像

出典:https://subsclife.com/

株式会社COTODAMAのlyric speaker(リリックスピーカー)とは歌詞を飾ることができる画期的なスピーカーです。

音楽好きの人にとってはたまらないアイテムでしょう。

そんなリリックスピーカーをサブスク契約することができるのがSubsclife(サブスクライフ)です。

購入せずに済むためリリックスピーカーを試してみたいという方にピッタリのサービスとなっています。

 

でもリリックスピーカーって実際どんなスピーカーなのか詳しく知らないという方もいるでしょう。

そこでリリックスピーカーの魅力や特徴について解説していきたいと思います。

Subsclifeでリリックスピーカーをサブスクする場合の料金も紹介しているので参考にしてください。

 

COTODAMAのリリックスピーカーは歌詞を飾れる

株式会社COTODAMAのlyric speaker(リリックスピーカー)は冒頭で紹介したように、歌詞を飾るスピーカーです。

こちらがリリックスピーカーになります。

Lyric speaker/リリックスピーカー – 歌の力のすべてを

このようにリリックスピーカーで曲を流すと、スピーカーにその歌詞が浮かんできます。

しかも浮かび上がる歌詞は自動で曲調に合わせてフォントが変化するのです。

例えばバラードならゆったりとした動きで優しいフォントになって、逆にロックなら激しい動きで力強さを強調してくれます。

 

自動でフォントや歌詞の動きを変えてくれるので、曲を流すごとに歌詞が変化して飽きることはないでしょう。

リリックスピーカーは240万曲以上も対応しているので、歌詞の変化を楽しむのも良いですね。

 

このようにリリックスピーカーはただ曲を奏でるスピーカーではなく、歌詞をインテリアとして飾ることができるスピーカーです。

たいへんスタイリッシュなスピーカーになっているので、曲を変えるごとに部屋のインテリアも変化していくでしょう。

そんなリリックスピーカーには2種類あります。

 

『Lyric Speaker Canvas』はコンパクトで置きやすい

先ほど動画で紹介したのが『Lyric Speaker』で、以下の動画が『Lyric Speaker Canvas』です。

リリックスピーカー・キャンバス  -アビーロード・レッド-

『Lyric Speaker Canvas』は2枚のジャケットを飾るようにして使用するタイプです。

サイズも幅480×奥行120×高さ400 mmとコンパクトになっているので場所を選ばずに使用できます。

例えば玄関先に設置して、家に入った途端インパクトを与えさせるのも良いでしょう。

このように様々な場所で使用することができるので、インテリア目的なら『Lyric Speaker Canvas』の方がおすすめです。

 

『Lyric Speaker』の使い方

たいへんおしゃれなリリックスピーカーは使い方も簡単で、スマホとWi-Fi環境さえあれば使えます。

リリックスピーカーの使い方

1.「Lyric Speaker」というアプリをインストールする

2.リリックスピーカーを起動すると画面にWi-Fi接続の英文が現れる

3.スマホをWi-Fiに接続して、スマホを通してスピーカーにWi-Fiを接続する

4.スマホから飾りたい歌詞を流す

このように簡単な手順です。

ただスマホからリリックスピーカーにWi-Fi接続する方法は端末によって異なります。

接続方法が分からないという方はCOTODAMAのユーチューブチャンネルから確認しましょう。

 

ということでリリックスピーカーとは、お気に入りの歌詞を飾ることができる今までにない斬新なスピーカーです。

曲を耳で聞くだけでなく目で見て楽しみたいという方は利用してみるのも良いですね。

また曲に合わせて歌詞が浮かび上がるので、部屋の一室に置くとインテリアのレベルも上げることができるでしょう。

 

リリックスピーカーをサブスクする時の値段は【月々7,340円】

COTODAMAの『Lyric Speaker Canvas』

出典:https://subsclife.com/

Subsclife(サブスクライフ)ではリリックスピーカーの『Lyric Speaker Canvas』だけをレンタルすることができます。

通常版の『Lyric Speaker』については、Subsclifeではレンタルできないので注意しておきましょう。

 

そしてサブスクライフでは契約期間によって月額利用料金が異なります。

最低3カ月からレンタルすることができて最大で2年間です。

契約期間が長くなるにつれて月額利用料金が安くなります。

 

そしてサブスクライフにある『Lyric Speaker Canvas』の契約期間ごとの月額利用料金がこちらです。

契約期間月額料金
3カ月58690円
12カ月14680円
24カ月7340円

※商品小売価格は181500円
※契約期間は1カ月単位で選べる

 

普通に購入すると初期費用が181500円かかりますが、サブスクライフで24カ月間レンタルすると初期費用が7340円で済みます。

そのためリリックスピーカーを試してみたいけど購入するには手が伸びないという方にピッタリでしょう。

 

ちなみにサブスクライフはレンタル期間が終了すると購入か継続か選ぶことができます。

リリックスピーカーが気に入って使い続けたいなら、レンタル料金がもったいなくなるので思い切って購入してしまうのも良いでしょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

SubsclifeはCOTODAMA以外にこんな家具メーカーもある

サブスクライフのブランドを紹介する女性Subsclife(サブスクライフ)はCOTODAMA以外に複数のブランド家具・家電と提携しています。

サブスクライフでレンタルできるブランド

ブランド家具

・Journal Standard Furniture(ジャーナルスタンダードファニチャー)

・ACME Furniture(アクメファニチャー)

・ASPLUND(アスプルンド)

・FDB Mobler(モブラー)

・NOWHERE LIKE HOME(ノーウェアライクホーム)

・Snow Peak(スノーピーク)

ブランド家電

・BALMUDA(バルミューダ)

・cado(カドー)

・IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

・TWINBIRD(ツインバード)

・COTODAMA(コトダマ)

このように複数のブランドから家具や家電をレンタルすることができます。

購入すると手が出ないようなブランド家具や家電を、サブスクライフの24カ月契約なら月に数千円でレンタルすることができるのです。

そのためサブスクライフで自分が理想とするスタイリッシュな部屋作りをするのも良いですね。

 

リリックスピーカーをSubsclifeでサブスクする方法

ブランド家具や家電をレンタルすることができるSubsclife(サブスクライフ)の使い方はこちらになります。

サブスクライフを利用する手順

1.サブスクライフ公式サイト左上にある「BRAND」や「カテゴリー」を選ぶ

2.レンタルしたい家具を選んで契約期間(3~24カ月)を決める

3.申し込み手続きに進み無料会員登録や住所・クレジットカード情報を入力する

4.最終確認をして注文を完了させる

このように簡単に注文をすることができます。

注文をすると商品にもよりますが、2週間~2カ月以上かかることもあるので気を付けておきましょう。

特にブランド家具は注文を受けてからそのメーカーとやり取りするため時間がかかることが多いです。

ある程度余裕を持って注文をしましょう。

Subsclife公式サイトはこちらから

リリックスピーカーをサブスクすればワンランク上のインテリアになる

lyric speaker(リリックスピーカー)は歌詞をインテリアとして飾ることができる、オシャレ好きにはたまらないスピーカーです。

お気に入りの歌詞を飾ることができるので、他の人のインテリアと差を付けることができるでしょう。

しかしLyric Speaker Canvas(リリックスピーカーキャンバス)を購入するとなると181500円です。

おしゃれな分高価になっています。

 

でもSubsclife(サブスクライフ)を利用すると24カ月契約なら毎月7640円です。

初期費用を大きく抑えることができるので、リリックスピーカーを試してみたい方に適しています。

リリックスピーカーをSubsclifeでサブスクして、音楽の可能性を広げるのも良いですね。

Subsclife公式サイトはこちらから

コメント